探偵社の選び方

ご依頼者の皆様にとって、探偵社の選択というのは大変難しいことだと思います。
探偵に依頼することを身近な人に相談する人は少ないでしょう。

「インターネット」や「タウンページ」で探すことが多くなると、探偵社の名前だけでは安心して依頼ができるかどうかは判断できません。
調査料金も探偵社によって違いがあり、目に見える商品を購入するわけではないのできちんとした説明を受ける必要があります。
事務所の所在もきちんとわかるように、可能な限り事務所で面談することをおすすめします。
依頼者側の時間等に極力合わせてくれるかどうかも判断材料のひとつです。

格安な料金の表示

他の探偵社と比較して、あまりにも低料金の表示は報告書がずさんだったり、アルバイトを使っていたりするケースもあるので注意!

広告の見出しに、「1,000円から」「1日10,000円」と掲載されているものをよく見かけるようになりました。
私たちでさえ、「安い」と思ってしまいます。
どうしたらこんなに安くできるのだろうと・・・。
しかし、このような広告につられ、いざ契約し調査終了後に高い別途料金、聞いていない経費、報告書作成代など色々な名目で請求され、トラブルになるケースが後を絶ちません。また、調査もずさんだったり、裁判でも使用できない粗末な報告書を渡されたりということも多々あります。
しっかりと、見積もり内容を確認し、疑問に思ったことは、些細なことでもお聞きください。

高額な料金の表示

具体的な調査内容も表示されておらず、時間だけの説明表示は危険です!必ずどのような調査方法で行うのか提案内容を確認することが安全です。

良心的な探偵社では、各調査の初回契約が100万円を超える案件は少数なのです。料金が割高な探偵社では、100万円以上は当たり前といった感じで、中には、300万円以上といった高額契約をする探偵社も存在するのが事実です。「会社の規模」「相談員の口のうまさ」「根拠のない探偵社の自信」などに騙されてはいけません。

 ・契約金額に諸費用が含まれているのか?含まれていないなら幾ら必要になるのか?
 ・調査内容は細かく説明してくれてるか?
 ・無駄な延長はしないのか?
 ・無断で延長料金が発生しないのか?
 ・総額はいくらになるのか?
等を細かく聞き、契約書に明記しておく必要があります。

後になって「報告書が有料」「写真・DVDなど映像は別料金」等、普通では考えられない追加料金を請求されトラブルになるといったケースが報告されています。お気をつけ下さい。

依頼者の心を釣るような過度な表示

例えば、「成功率100%!」などと謳っているものは、信用できません。当初から一定の限られた期間内に絶対目的を達成できることがわかっている調査などありません!

どのような調査であれ、人間が人間を調査する上で予定通りに事が進むことはありません。対象者が予想外の行動をとることも多々あります。
 調査にリスクは付き物です。尾行調査などで、バレると言うのは論外ですが、各調査内容によってのリスクをきちんと説明してくれるか否か、またその際の料金はどうなるのか、このような部分もしっかりと聞き、探偵社を選ぶ基準にされてはいかがでしょうか。

事務所の所在が確認できる

ホームページには架空名義のビル名が表示されているものもあるので、面談を表示されている所在地で希望してみること!

一見忘れがちになってしまいますが、とても重要なことです。
  ・本当は事務所がない。
  ・トラブルになったときに来られては困る。
  ・転送電話などで、事務所があると思わせている。
いずれにしても、公開しない理由は、依頼者様にとって有益なものではないことは事実です。まずは、事務所(会社)の所在地を聞いて、そこでの相談が可能か尋ね、しっかりとした会社であるか確認したうえで相談することをお勧めいたします。

探偵業届出番号の確認

探偵社は所在地の各都道府県公安委員会に届出し探偵業届出番号が交付されます。
依頼する探偵社の届出番号の表示を必ず確認することをおすすめします。

事務所(会社)の所在と共に重要なのが、探偵業届出番号です。
探偵社は所在地の各都道府県公安委員会に探偵業の届出を行い、認められれば探偵業届出証明書が発行されます。
そこには、探偵社1社ごとに探偵業届出番号が記載されています。
広告やホームページ内にきちんと探偵業届出番号が記載されているか、また事務所に相談に訪れた際は、目立つ所に探偵業届出証明書が掲示されているか、確認してみてください。

報告書のサンプルを見せてくれるか

調査が終了し報告を受ける時に、どのようにして報告してもらえるかはじめに説明してもらうことが大切です。証拠写真のついた報告書の提示がある探偵社は、きちんとサンプルを見せて調査内容の提案をします。

調査力と同じく最も重要になってくるのが、探偵社の売り物でもある報告書になります。
いざ、調査が成功しても、報告書がきちんとしたものでなければ話になりません。
良心的な探偵社なら、相談に訪れた際にきちんとしたサンプルを提示し、調査内容の提案をするはずです。

また、報告書は、そのまま裁判資料としても使用できるものでなければいけません。
当社の調査報告書は、弁護士や行政書士からも高い評価を頂いており、離婚調停や裁判の証拠としてご活用頂いております。
当社ホームページ内の「当事務所がつくる報告書」からご覧いただき、是非探偵社選びの参考にしてみてください。


ご相談・お見積もりは無料です。フリーダイヤル0120-978-692 年中無休でお受け致します。お気軽にお問い合わせ下さい。
相談予約の申込みはこちら